降圧剤の種類と効果

高血圧の改善は食事療法が中心になりますが、効果が現れない場合は薬によって血圧を下げることがあります。その薬が降圧剤です。降圧剤には、大きく分けて7つの種類があり、患者さんの状態や検査の数値によって適切なものを選び、単独で使用したりあるいは複数を併用することで血圧を下げていきます。
最も多く処方されているのはカルシウム拮抗剤です。血管の収縮は、血管壁の中にある血管平滑筋にカルシウムイオンが流れ込むことで起こりますが、この流入をブロックすることで血管平滑筋の収縮を抑え、血管を拡張させて血圧を下げるのがカルシウム拮抗剤です。
二番目に多く処方されているのがARB(アンギオテンシンII受容体拮抗薬)です。アンギオテンシンIIは受容体に結合することで血管を収縮させて血圧を上昇させますが、この結合を妨げることで血管を拡張させて血圧を下げる薬です。心臓や腎臓を保護したり、糖尿病の発症を抑える働きもあります。
ACE阻害薬は、アンギオテンシンIに働きかけてアンギオテンシンIIを生成するACE(アンギオテンシン変換酵素)を阻害する薬です。ARBがアンギオテンシンIIと受容体との結合を阻害するのに対し、アンギオテンシンIIの生成そのものを抑えるのがACE阻害薬の特徴です。
利尿薬は尿の出をよくする薬です。高血圧は血液中のナトリウム濃度が高まり、それを下げるために血液中に水分が多く取り込まれるために起こります。利尿薬には腎臓に働きかけてナトリウムの排出を促す作用がありますが、その際に水も一緒に排出されるため、血液中の水分を減らし、血圧を下げることができます。
β遮断薬・α遮断薬は、交感神経を押さえることで血圧を下げる薬です。人は緊張やストレスを感じるとカテコールアミンというホルモンを分泌しますが、このホルモンは細胞の受容体に結合して心拍数を上げ、血圧を上げてしまいます。受容体にはβとαとがあり、β遮断薬・α遮断薬はそれぞれの受容体を遮断することで心拍数を下げ、その結果血圧も下がります。
最後に合剤と呼ばれるものですが、これは1種類の薬で効果がなかった場合、2種類の薬を併用することになりますが、飲みにくさや飲み忘れを避けるために2種類の薬を1粒に配合したものです。現在処方されているのは利尿剤とARB、カルシウム拮抗薬とARBという2種類の合剤です。
これらの薬は作用の仕方が違うため、それぞれに違った副作用があり、また妊婦さんなどが服用できないものもありますから注意が必要です。
↓降圧剤について
ノルバスクの飲み方と効果について
アダラートが血圧を下げる!
ミカルディスの副作用とは